スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その49 Shellshock 2: Blood Trails 後半戦。

わりかし余裕のあった中盤までのサバイバル。前半読んでない方はコチラ。
後半にに差し掛かると何かの間違えではないのかと思いたくなるほどの高難易度
しかしイージーでプレイするのは情けないしチャプタークリア実績も入らないので
当然ノーマルで続行するわけだが、油断などしなくても死ねる。
悪化

そして終盤に差し掛かると緊張感は最高潮に達する。
死にたくない。いや、チェックポイントまで戻されたくない!
頻度を増すパラッパ状態に閉口しつつも、おのずと集中力が研ぎ澄まされてゆく自分に
快感を感じる。

展開はいたってシンプルというか若干のマンネリ。
ブービートラップのたぐいもオマケ程度だったようだ。
しかし分かっていても壁を突き破るゾンビにはビビらされる。
残弾数も常に気になる。確実にヘッドショットだ。
ココに来て再び秒間フレームの低さが呪わしい・・

このゲームに分かりやすいタイトルを付けるならば
バイオバザードインベトナム。あるいはレフト1デッド。
決して名作と呼ばれることはないかもしれないが心に染み付く体験だった。
CIMG0010.jpg  命乞い  帰りたい

そしてエンディングクレジットにはレナードスキナードの名曲FREE BIRDが
丸々収録されていて、これが製作者の想像をはるかに超えてプレイヤーの救いになる。
なにかいいことを成し遂げた気分だ。
実績は若干気にかけながらノーマル一周クリアで520。

結構面白かったし日本ではけして作られない内容なので個人的にはやってよかった。
ただし二週目をやらないという条件がつく。なにか消耗するゲームだから・・・
やったとしてもハードでもう一周。そうするとフルプライスは少し高めか?
買うとしたらアジア版で普通郵便49ドル・・それがギリギリの線だと思う。
まあ自分は宅急便つかっちゃったけど・・

っとこんな感じのゲームでした。
実は予想していたよりはマトモに出来てるなという印象。
しかし名作FPSと呼ばれるタイトルとそれ以外の物との間にある壁は高い。
まず素直なエイム感覚と信頼を置ける当たり判定が絶対条件だ。

ほんの少し壁から出たつま先。ソコに息をこらえ照準を合わせトリガーを絞る。
鈍い着弾音と高い悲鳴があがる。その公正なジャッジにプレイヤーは信頼を置き
初めて本腰を入れてやり込めるのだろう。
いい審判のもとでならいい試合ができるというわけだ。

追記 
重機関銃のワンベルトで15人倒すって実績ですが
備え付けの機関銃ではなく、そのうち拾えるM60のこと
なので気をつけてください!
スポンサーサイト

その48 やっと到着Shellshock 2: Blood Trails 。

pake

シェルショック2は1969年のベトナムが舞台の一本道FPSゲームだ。
完全に一人用でマルチのたぐいは一切無い。
HDへのインストールは3.4Gと軽め

二日前の朝8時には千葉に到着していたコイツは倉庫で丸2日熟成されたのち
やっと都内の我が家に到着。いつものことだから気にすまい。

話を戻しゲームの中身について
まずタイトルになっているシェルショックという言葉は内容とはあまり関係
なさそうだ。言葉の意味は前回の記事を見てくれるとありがたい。

んでもって第一印象だけど、まあ硬派というか古風なFPSってところ。
ゴアはドギツイ。秒間フレーム(fps)が低いようでカクつき遠方の敵への攻撃が
若干やりづらいと感じた。グラのレベルは中の中。
CIMG0035.jpg  CIMG0023.jpg  CIMG0037.jpg


しかし中盤以降そんなことを気にするゲームではないことに気付く・・・
人間同士の無益な戦争は既に人間ではなくなった者の参加よって
地獄の戦場を輪をかけた地獄へと塗り替えていく。

一人ぼっちのジャングルウォークは頭上と足下にご用心!
べトコン得意のブービートラップで画面は真っ赤だ。
ブービー

先に進むにつれ段々面白みを感じることが出来るのだが、個人的に苦手な部分は
出会い頭のもみ合いとか演出上のピンチの際に、急に音ゲーの様に表示された
ボタンを順序どおり素早く押す。という事を強いられる・・
ジェリコとかにもあったがはっきり言って嫌いだ。
ベトナムまでパラッパしに来たわけじゃねえ。

弾丸にはめっぽう強くいが全く泳げずジャンプも出来ない主人公
不器用だが皆には好かれているらしくいつも優しく手を差し伸べてくれる。
あとは細かいことだが肩が弱いw手榴弾もっと遠くまで投げたいよ。
むちむち

※言語の壁は
言語は英語のみで字幕も付かないので、会話の殆どはうわのそらだが
一本道なので迷うことはなさそうだ。しかも大したこと言ってなさそう。

発売元はEidos トゥームレイダーの新作でこけてスクエニに買収されることに
なった会社だ。もしかしたらこのソフトが最後の置き土産かもしれない。
開発はRebellion このシリーズの前作や他にもこの手のゲームを作っている。

こんな人なら買ってもいいよ。
FPSコレクションにベトナム物を入れたいという人。
はたまたゾンビゲーコレクションをコンプリしたい人。
その日一日だけ楽しめればいいという人。
とにかく実績を稼ぎたい人。
百聞は一見にしかずがモットーの人。

決心がついたなら
謎のウイルスに感染し徘徊する彼らのモヤモヤした頭を
ショットガンですっきりさせてあげるといい。
ガオーさん

後半の体験で感想が変わってしまったら申し訳ないが、
クリア後の感想はまた次回.

↑んでもってその続きの後半戦はコチラ

その34 Shellshock 2 そんなX-MAS X-BOX

ワリイ子イネエが~!
ゲーム動画見るとき年齢問われて1900年生まれ
とか入力しちゃうワリイ子はイネエが~?

このブログも18+のゲームの体験談が半分以上だから
18才未満の人は早く歳をとるべし。
毎回文体が違うのは酔ってる時とシラフの時があるからだ。
今回はなんとシラフ!

さてゲームの話しをしよう。
日本を無視した10月11月の名作ラッシュがひとまず落ち着いたとこだろうか
12月は何が出る?RPGは時間がかかるからノーカウントとして
ミラーズエッジ。プリペル。レゴバットマン。ガンダム無双2。
なるほど無いことはない。おもちゃ屋にふさわしいタイトルじゃないか。
なんだか忘れていた一家団欒を思い出させるような清しこの夜ってかんじだ。

しかし俺のコントローラーはメラミンスポンジでも落とせない程に
血が染み付いてしまっている。そんな俺がX-MASゲームに選んだのがコレ
x360[1]
Shellshock 2: Blood Trails
どうでしょう?ノーマークですか?そうでしょう。
シェルショック・・
意味はあまり書きたくないが戦争神経症のことです。
戦場で常に恐怖と緊張にさらされたストレスが原因で日常生活に様々な支障をきたします。

ゲームの中身が丸々タイトル通りじゃあないだろうけど。
タイトルにしちゃうかね。おもちゃ屋の棚に並んでたら違和感あるな。
舞台は前作と同じでベトナム戦争らしい。 (前作未プレイです)
ベトナム戦争×サイコホラー・・って触れ込みで宣伝してるみたい。
日本では発売されないんじゃないのかなあ。
規制うんぬん以前にニーズがあるのかないのか。

そういうお前はどうなんだと聞かれるとコッチも返答に困る。
だって情報が極端にすくねえんだもの。
ブービートラップ覚悟でアジア版を注文したよ。
コレがとりあえず唯一出てるムービーかな 参考にしてください
http://www.360gameszone.com/?p=4163

自分が単身のり込みトラップ解除に向います。
付いて来いなどとは言えません、ただ遠くで見守ってくれたら自分は幸せであります。
                                             
                                          ←押忍



追記だよー!まいったよ。
Shellshock 2: Blood Trails発売延期か。
たまらんぜさっきブログ書いたそばから延期の知らせが店から届いた。
なんかこういう商法じゃないかと勘ぐりたくなっちまうねえW

んで2月発売だってさホントだろねえ。


更に追記
2/13で決まり!
あとは配送をまつばかり。お気を確かに・・・。
届いたらあらためて記事をかきます!
プロフィール

タイム涼介

Author:タイム涼介
ゲームもアッチの方もたいして上手くないです。
でもどっちもとても好きです。
FPS,TPSゲームがとくに。
日本未発売ゲームも紹介。
リンクは自由です。

このブログにおけるアフィリエイトで得た収益は全て
振り込まれ次第、世界の被災地に寄付致します。

ツイッター
フォローしてください
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。