スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その71 アジア版Red Faction: Guerrilla後半戦!クリア感想!

不死身のsam

前回中盤までの感想を書いたが、今回はキャンペーンクリアの感想。

全体を通してかなり楽しめた。ボリュームも満足できる量だろう。
後半、若干マンネリの感も否めないが、
新しい武器や展開で意欲を失う事も無く最後まで続けられた。
いとしのジェイキンス

自分のキャンペーン一周クリア分の実績は420だったが、かなりの点が
マルチやレッキングクルーモードに振り分けられているらしい。

今はかなりの満腹感で2週目をやる気も起きないが、
続編が出たら買うことだけは確かだ。
その際は地球の都市部でアレコレしちゃいたい。
処理能力の限界に挑戦して下手すりゃハード本体もぶっ壊れるぐらいの
物を期待する。そうなりゃレッドリングゲリラだな。

ハラハラするゲームも好きだけど、たまにはこう無心になれて
ただ目の前の枝豆を全てたいらげる様なこんな時間も素敵じゃないか。
ゲーム脳に!もっと重篤なゲーム脳に!それが私の望みなのだ。

さてお次は、いよいよプロトタイプ。
今度破壊するものは、建物ではなくこの世で最もジューシーな物体だ。
スポンサーサイト

その70 一足お先Red Faction: Guerrillaアジア版感想!

レッドファクションパケ
壊すって楽しい!
壊せるってだけでこんなに時間が潰せるものだろうか。

いや、壊せるだけのゲームでは無いのだけれど、まあ壊すよね。
レッドファクション・ゲリラはX360 PS3 PCで発売の
火星を舞台にしたレジスタンス系ぶっ壊し3人称アクションゲームだ。

特徴はなんと言っても人工物なら殆どのものが破壊可能なこと。
触れることの出来る人工物は全て物理エンジンで制御されていて
叩いたり爆破すれば自然な壊れ具合を楽しむことができちゃうのだ。
まあハボックエンジンの性能のいいことよ!
その見本市としてもやって損は無いだろう。
げりらのアジト使用前  ロケット使用後


独裁体制を押し付けるいけ好かない地球防衛軍をゲリラ的破壊活動で
混乱させ、衰退させ、やがてその醜い圧政から市民を解放しようってことさ。

デモプレイでやった感じよりはもっとあせらずジックリと腰を落ち着けて
破壊を楽しむことができるぞ。
巨大なマップを自由に移動しつつ作戦を拾うなり、見かけた敵軍の建物を
ぶっ壊して回るのも自由だ。
メインのミッションをクリアすれば話は展開していくのだが
マップにはさまざまなサイドミッションが点在していて、全てを網羅
しようとすればかなりの時間が必要だ。
サイドミッションをクリアすれば報酬として資源がもらえるので
自分の武器をパワーアップさせるなどのコストに当てられる。

ミッションクリア以外でも敵軍の建造物や車両をぶっ壊せば
資源を採取できるのでやりこみ要素になっている。

海外のレーティングはM17+だけど血のりも少ないのでそれが
すんなりと日本版の発売にこぎつけられた理由だろう。
ローカライズは、上手いと定評のあるスパイクが担当。
英語は受け付けませーんって人は8月までいま少し我慢。

早くやりたけりゃアジア版が安価でいい。
英語も字幕付きだし簡単な単語が多くてわかりやすかった。
マップに目的地も示されるしカーナビも付いていて迷うことは
まずなさそうだ。この際このぐらいの英語なら勉強と思ってチャレンジ
してもよさそうだ。こまかい意味が分からなくても
英語への恐怖心さえ消えてしまえばゲームライフはかなり広がると思う。
かく言う私も英語は殆どわからないがゲーム語ならわかる!
だから楽しくできちゃうのだ。
かーなび付き  お尋ねもん


メインであるキャンペーンモードはそんな感じでストレスのない
楽しいゲームだ。
ではマルチプレイの方はというと個人的にあまりピンと来なかった。
おまけに近いという印象。
デスマッチをやったのだが出合いがしらに殴りあったり体当たりしたり
迫力の無い銃を撃ったりと結局、対戦相手を気にするあまり
破壊という醍醐味を味わいづらいと思った。マルチ対戦ならもっとそれに
特化した良いゲームがある。


欲を言えばもっと音にこだわって欲しかった気もする。
車のエンジン音や爆発音はもっとけたたましくてもよかった。
ただそれぐらいで、他に欠点の見当たらない気持ちの良いゲームだと思う。
グラフィックもそこそこだしボリュームもある。

今後このタイプのゲームが増えてきそうで楽しみだ。
次はキャンペーンCOOPありで舞台は渋谷とかだったらドキドキする。
六本木とかでもいい。住宅地もたまらなくいい。

なんかまずい欲望が生まれて来そうなので。
レッドファクションの続きを楽しんで火照った体を冷やそう。
プロフィール

タイム涼介

Author:タイム涼介
ゲームもアッチの方もたいして上手くないです。
でもどっちもとても好きです。
FPS,TPSゲームがとくに。
日本未発売ゲームも紹介。
リンクは自由です。

このブログにおけるアフィリエイトで得た収益は全て
振り込まれ次第、世界の被災地に寄付致します。

ツイッター
フォローしてください
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。