スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その86 オペフラDR キャンペーンクリア感想など!

OPERATION FLASHPOINT DRAGON RISING
面白かった!というか面白い。まだまだマルチプレイも
楽しむつもりだ。

演出が地味というかシブイのはあるけど
まあそういうゲームじゃないってことで。

ノーマルでもそれなりの難易度で力押しでは勝ち目がない。
やられる度に試行錯誤でルートを探すのも楽しみのひとつだ。
しかしよく走り回ったものだ。
敵と会わずにこんなに長く移動するゲームも珍しい。
走った挙句、出会いがしらに即死ってのが最悪なので
走った分だけ慎重に戦うようになるんだなあ
面白いゲームバランスだ。


COOPもプレイしているがこれがまた面白い。
AIよりも10倍頼もしいプレイヤーキャラと一緒なので
サクサク進んだりもするが
味方が強いもんだから調子に乗ってがんがん突っ込むんだな皆
そんなんだから私が率先して選ぶ兵科は衛生兵。

突っ込んでは撃たれる外人さんのメディック!
というボイスチャットのささやき。
バカ野郎と思いながら注射器を持って匍匐で助けにゆく。

己の左腕に注射するときはなんともいえない気分だ。

今後予定されているDLCにも期待している。

その前にとっとと日本版でないかな
さすがに滅多に日本人には出会えないよ・・


ということで
OFP:DR(PS3)お持ちの方!フレ募集中です。
コメント欄から管理者だけにメッセージを送るにチェック入れて
ゲーマータグを送ってくださったら、コチラから申請します!
よろしく!

スポンサーサイト

その85 緊張感がたまらない!オペフラDR 中篇

OPERATION FLASHPOINT DRAGON RISING
後編を書こうと思ったら未だクリアできず中篇です。

ひとつのミッションクリアに思いのほか時間がかかる!
結構死なされて、1ミッション2時間とかかかってしまう有様。
いやミッション自体はそう長くないんだけど、
プレイヤースキルってやつが試されるわけだ。
英語の指令だし、っと言い訳しておこう!
二回目以降は、半分の時間もかからないはずだ。


前回は目に付いた不満点をあげつらえがちだったが、
特にこのゲームを愛してしまったということで
今回は良いところをいっぱい紹介!


まずは広大なフィールド
徒歩では歩ききれないぐらいだが
車両での移動は敵兵に発見されると、
棺おけと化すのでこれまたドキドキ。
お月見


次に武器
このゲームの大きな特徴として弾道に重力の概念がある
ということだ。つまり微妙に放物線を辿り着弾する。
100M程度ではさほど感じないが300Mにもなると
かなり弾は落下する。敵から奪ったスナイパーライフルで
試したところ約300Mで1メモリほど落ちた。
この銃撃の難しさがリアリティを感じさせてくれて良い。

硬い地面に弾が当たったときに
兆弾が見える。当たり判定は不明だが
見てるだけでかっこいいじゃないか。


足を撃たれると走れなくなる。
怪我による体力の消耗が動きに反映されるのは
脱出中などにはかなり恐怖感があって良い。
あまりに重傷の場合は動けないので衛生兵を呼ぶしかない。
勿論、当たり所が悪ければ即死だ。


ステルスが強制ではない。
隠密行動の方が効率的なミッションはいくつもあるが
どれもバレると終わりとか、絶対に正面突破が不可能という
訳ではない。
「バレたらしゃーない頑張って生き残れGOOD LUCK」的な事
言われて続行する。
戦場では臨機応変に対応せよってことで、
遊び方を制限されないのは、同じミッションでも
パターンを感じさせずリプレイ性が高くて良い。
ナイフキル


程よいチェックポイント。
短すぎないチェックポイントの距離が
緊張感を倍増させる。
戻されてたまるか!っとの思いからどうしても死ねない
という慎重なプレイが生まれ、クリアの達成感はひとしおだ。
ゲームなのに敵に会わない事を望んでしまう自分がいたw

難易度ハードコアではチェックポイントによる
途中セーブすらない!
野戦 部下たち


これらはキャンペーンモードをプレイした感想に過ぎず
サーバーの安定しつつあるマルチプレイモードを
プレイすればもっとたくさんの楽しみがあると思う。

死体が消えて武器弾薬が補給できない、という問題も
残っているが、他の魅力でいつしか、かき消される。


銃弾が頭上を飛び交う極限の緊張感をここまで
味わえるのは、コンシューマーでは随一だろう。
FPSファンだけではなく多くのゲーマー是非味わって欲しい。

その84 ○○だけど好きオペフラ:Dragon Risingプレイ感想。前編

オペフラパケ

届きました
Operation Flashpoint:Dragon Rising(OFP DR)
PC X360 PS3
今回買ったのは、PS3版のアジア版(リーフリ)
PS3版は強制インストールっぽいので4.2G強のHDD空きを
確保したほうがいい。

シビアでリアルな戦場を謳い文句に発売前から恐怖と覚悟を
ユーザーに植え付けまくってきたこのソフト。
実際のところどうなのか?

ノーマルでキャンペーンを中盤までやった感想と
オンラインを少しかじった感想。

俺は大好きだ。すごく心地よい。
ただ万人ウケするかは怪しいし、欠点もある。でも好きw

まず最初に感じたのは、グラフィックの荒さだな
パソコン版ならもっと綺麗なんだろうけど・・
テクスチャーが荒いというか法線マップが施されていない。
法線マップってのは平らなテクスチャに擬似的に影をつける
技法で最近の海外ゲームなら一般的になりつつあるもの。

それがないので地面や岩などがのっぺり感がでてしまう。
それ以外のグラフィックも軒並み普通・・
最近のCODやBFBCなんかと比べると結構淋しい感じ。
というわけでグラフィックはリアルではない。でも好きw
オペフラその1 オペフラその2

ゲーム性はどうか?
キャンペーン・ノーマルは、はっきり言って只のゲームだ。
確かに無茶すれば、すぐ殺されるが
HUDに敵の方向や、ご丁寧に道順まで表示されるし
部下が死んでもそのうちリスポンする。
傷は出血多量になる前に手当すれば戦線復帰できる。

では他のFPSと何が違うのか?
まずは一本道ではないということ。自由度はある。
道順はあくまでも初心者向けなので無視も出来るようだ。
難易度上げるとHUD自体無くなって、迷子なれるよ!

次に豊富な命令と支援コマンド。
結構メンドクサイ。出来るというより、口で言えないから
コマンドで出さなきゃいけないって事さ、最初はもたつく。

まあそんなところぐらいかもしれない。

体力が自動回復しないにしても、止血したぐらいで
元気になってしまうのはリアルじゃない。
というかもう、リアルという言葉はわすれようw
これはこれで面白いので。

とはいえ止血にも時間と手間がかかり
血液にも限りがあるので、そこら辺は自動回復より
死にやすいのも確か。チェックポイントも
結構遠かったり、ハードコアではそれすらなかったり
とにかく死にたくない状況を作るのは上手い。

死にたく無いと思えば、おのずと遠方からの撃ちあい
になりがちで、持久戦になることもある
これらはかなり俺好み!

近づき過ぎればあの世行き、遠すぎれば弾は当たらず。
だからお互いの射程距離内に一歩踏み込まなくてはならない
このヒリヒリが心地よい。

草むらに隠れれば、敵の弾もなかなか当たらないが
コチラからも敵が見えないので、やむを得ず頭を出す!
撃たれる! 治療中! 撃たれる! 動けない・・
衛生兵呼ぶ! とっくにやられてるw
あの世で再見! そんな感じ。大好き!


PCの前作やアームドアサルトを基準に考えて
発売を待っているうちに、あの
戦場にすら辿りつけずに死ぬ様な
切ない戦いに覚悟が出来すぎていたのだろう。
コンシューマーのユーザー向けに
ハードルはだいぶ低くなっていた。スティックエイムを想定
しているのもあって敵の銃撃の精度も低い。
まあ使う人はPS3でもマウス使うけどなw


それと残念ながらAIは敵も味方も阿呆だ。ナッツ!だ
というか鈍いのか?
本当は賢いのに体がついてこないだけか?
撃たれてもしばらく棒立ちな敵さん。
結界でも張られているかのように、
建物に入ってこない敵さん。こっちは助かるけどさ・・
訂正(たまに入ってくるのがいて怖いw)

そしてうちの衛生兵はかなり好戦的w
フォーメーション無視して前に出る出る、そして死ぬ。


これほどの欠点があるのにもかかわらず、なぜか大好き!
因みにワイヤレスマウスコントローラ
FRAGnSteinとの相性はバッチリ。

COOPではナッツな部下から解放されてかなり楽しいが
10/10現在PS3では、コネクトエラー続出で、
かなりつながりにくい、つながっても途中で切れることが
多いので安心して出来ない。
対戦もしかり・・

素早い改善を求む!!!!


言語の壁はそこそこ高め。コマンドが多いからね。
@wikiサイトの力を借りてブリーフィングを理解すれば
ミッション自体は、そう迷うことはない。
ギリギリ分かる英語を辿って手探りする感覚は
結構面白いと思うんだけど
どうしても不安な人は日本語版を待つとよい。


このコンセプトを実現するには相当高い開発技術が必要だ
ああ~インフィニティかダイスがこのコンセプトで作って
みてくれないだろうか・・・


では次回、後編もよろしく。



追記

なんだかやればやるほど面白さが増してきた!
もう欠点が見えなくなってしまったぞw
時間を忘れてプレイしてしまう。危険だ。

後編と書いたけど次は中篇w<<クリックヒア~。
プロフィール

タイム涼介

Author:タイム涼介
ゲームもアッチの方もたいして上手くないです。
でもどっちもとても好きです。
FPS,TPSゲームがとくに。
日本未発売ゲームも紹介。
リンクは自由です。

このブログにおけるアフィリエイトで得た収益は全て
振り込まれ次第、世界の被災地に寄付致します。

ツイッター
フォローしてください
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。