スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その97 4人組復活。密林!雪原!砂漠に空!BFBC2

BFBC2タイトル

久々のブログ更新・・というよりゲームが久々。
仕事の忙しさにかまけてゲームを疎かにするなど
ゲーマーとして有るまじき醜態を晒したここひと月。

しかし仕事ボケの頭を一瞬で、素晴らしきゲーム脳に
再起動させてくれたのは、やっぱりこのシリーズ
バトルフィールドバッドカンパニー2

チュートリアルも兼ね、製作者への敬意示してまずは
キャンペーンモードを味わうのが、私の中の慣例だ。
BFBC2ずっこけ4人衆 BC2家壊し

若干変更された、エイム感とダッシュ時の慣性に
2時間ほど戸惑いを感じつつも、通過儀礼として消化。
やはり素晴らしいのは、前作で開発された
フロストバイトエンジンのエフェクト!

当たり前の様にアサルトライフルに搭載されたグレランで
ヨソ宅に文字どおり勝手に勝手口を作り進入!
そして反対側にも同様に風穴を開けて通過。
まるで男塾名物だ。

今回は上手く要所を破壊することにより
建物の完全倒壊もできるようになったから
隠れている側からすれば、たまったものではない。

この分野においては現行のFPSの中では独走状態で
ライバルソフトも張り合う気すら起こらないという出来。

ライバルソフトで思い出したが
このBFBC2のキャンペーンではかなりの部分で
ライバルCODMW2に露骨に対抗する部分が見えた。
パクリではなくウチならもっと凄いの作れるよ!
っとでも言わんばかりに、似た環境の戦場を用意している。
「スノーモービルは女の乗り物だぜ」
こんなセリフも飛び出すほど。

まあゲーム性が少し異なる両者なので、どっちが優れている
というわけでなく、好みの問題になってくる。
BFBC2の方が環境破壊がある分、
「ああ今おれは最新のゲームをやっているんだなあ」
と思わせてくれる力はおおきいが
少なくとも味方の使えなさ加減は互角だ。


話をBFBC2単体にもどすと
とても良い出来!
キャンペーンはテンポもよく適度な難易度でヤメ時がない。
例の四人組はやっぱり愛すべき面々で
緊張と緩和の波が、心地よいプレイ感をもたらしてくれる?

ありとあらゆる戦場を盛り込んだストーリーは
ゲームとしては○だとおもう。

こだまする銃声はなかなかの迫力だし
前作よりも血のりを加えた事で、「撃った感」は増した。

難易度ノーマルでもリトライは必至だけど
チェックポイント間が細かいので心は折れない

グラフィック、サウンド、エフェクト、バランス
どれも欠点は見当たらなくて、高い完成度はさすがダイスと
言いたい。
BC2密林 BC2アジト
BC2アルプス BC2虹


加えてマルチプレイ数時間ほどの感想。
本来BFといえば対戦がメインなので
キャンペーンは無視という人もいるぐらいで
当然コチラの出来も上々だ。

デモ版との違いは初期の兵隊はアンロックするまで
各兵科のガジェットが使えない所。
救急箱すら持っていない名ばかり衛生兵で
何戦かするハメになる。

各兵科ごとに使った分だけ成長していく方式は
好みで兵をカスタムし難いような気もするが
結局やりこめば万能に近づいていくのだろう。

キャンペーンモードからグラフィックの遜色もなく
迫力そのままで対戦できるのは魅力。


ただしちょいとマップに魅力が足りない気がする
ビークルを使える戦闘は賛成派だけども
どうしても見通しの良い配置になってしまって
スナイパーが、はびこりがちだ。
かといって狭いところで出会いがしらの早撃ちというのも
あまりにもスポーツ的すぎるし・・・

結局24人では足りないという禁句に行き着いてしまう。
PC版の32人でもまだ足りないと思う。
同じマップでもせめて64人いたら
スナイプしきれずに存在価値も半減するだろう。

語弊があってはいけないが
決して過疎感を感じるようなアンバランスではなく
マップ内の人口密度は保たれている。
ただ一つの教室に24人居るのと
三つの教室をつなげてその中に72人入れるのは
密度は同じだが圧力は全く変わってしまうというだけ。


殆ど完璧な出来で、全てにおいて非の打ち所は
見当たらないのに、この違和感・・
この原因は恐らくソフトじゃなくて自分にある・・

256病・・・。

MAGでこの厄介な病気に感染したプレイヤーには
どう巧みにバランスを作りこんでも
どこか心の乾きを満たしきれない部分を感じてしまう


家庭用ゲーム機で24人対戦なら決して少ない方ではない
あのエフェクトでラグも少なくプレイできるのは
大したものと言わざるをえないけど

同じBFシリーズの2142(PC版)で味わった64人対戦は
環境破壊はなかったが、とても楽しかった。
勿論人数ありきのゲーム開発が主流になって
最新のエフェクト技術開発がストップするのは
ゲーマーにとっても不幸なことだけど。

戦争ゲームのマルチプレイは最低人数64人!
これを新基準に開発を進めて行けばプレイヤーが納得する
ゲームバランスがおのずと導き出されるのではなかろうか。


開発者にずばっと聞きたい!
本当にムリだったんですか?


スポンサーサイト
プロフィール

タイム涼介

Author:タイム涼介
ゲームもアッチの方もたいして上手くないです。
でもどっちもとても好きです。
FPS,TPSゲームがとくに。
日本未発売ゲームも紹介。
リンクは自由です。

このブログにおけるアフィリエイトで得た収益は全て
振り込まれ次第、世界の被災地に寄付致します。

ツイッター
フォローしてください
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。