スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その58ようやくクリア!かばいきれない Eat Lead: Return of Matt Hazard(後編)

どかん1

長かったなー・・いや長く感じたな~・・
実質プレイ時間は8時間ぐらいだろうか。
前回を読んでいない人はぜひそちらから目を通して頂きたい。
前回、各ステージはバラエティに富んでいて飽きさせない!
などと書いてしまったが、撤回させてもらわないといけないな。

確かに、ステージの見た目はそれなりに変わっていくが、やることは単調!
同じ敵と何十回もデジャブのような戦いを強いられ、我慢比べの様相。
長い一本道のステージの端にたどり着いた挙句、
来た道を再び戻らされる仕打ちには。眩暈すら覚えたよw

それでも続けた理由は?
いや、そもそも買おうと思った理由は?
多分皆と同じだろう。買わないまでも興味を持つところは同じでしょ?
こいつだ。

FFさん1

このファイナルファンタジーな子をボコボコにマシンガンで撃つ
そんな夢のような企画があんのかい!
おれもほぼそれだけの理由で購入したさ。
生声で話しかけてもテキストでしか返答せず
自分のターンにならないと攻撃もしてこない頑固一徹な青年だ。
そのかわりターンがくれば隕石は落とすわ、兵隊を召喚するわ
あげくの果てには回復魔法と傍若無人極まりない。

FFさんスナイプ  FFさん連射  逝く
  
RPGでこれまで倒してきたモンスターはこんな気分で虐殺されて
来たんだなあとしみじみ。
しかし、こっちはシューターなんだからターンなんか関係ない。
奴さんがフリーズしてる間にも俺のAK47カラシニコフからは止めどなく
7.62ミリ弾が発射される!
彼はそのつど頭上に被ダメージを示す数字を吐き出しながらも
やはりキメポーズを崩さない。
しかし楽しい時間もアッという間
そんな神に祝福されたような彼もさすがに天に召される時が来た。
残念だこのゲームで初めてもう少し戦っていたいと思えたのに。

そうなのだ。結局このようなバカに徹してくれれば
少々精密さの欠けるゲームバランスでもストレスを感じずにプレイ
できたのに。
まだまだやれるネタはあったはずだろ?
もっともっとAK47で陵辱したい名作ゲームはあったはずだろ?
やらないのよ。それをやらない!
このネタだけに50ドルだもの。
少なくともあと3つぐらいこの手の危険を冒して
くれたならブーイングは賞賛に換わっていただろう。

2Dさん




最後にデータを挙げておこう
Eat Lead: Return of Matt Hazard北米版のみ発売。
リージョンフリー
字幕はナシ
ジャンルTPS カバーアクションメイン
一人用。マルチプレイはナシ
実績は適当プレイでクリアして700~800解除
レーティングはティーン よってゴアは皆無
ジャンプは出来ない。
手榴弾は投げられない。
女性キャラはアンドロイドを含めてなかなかの美人ぞろい。
以上
美女たち


P.S.マットハザードくん(主人公)
すまん僕は君をかばいきれなかった。
もう少し・・あと皮一枚・・何か突き抜けたところがあったら
たけしの挑戦状レベルのゲーム史に残るクソゲーになれたのに・・
でも僕は君に学んだよ。
人様を茶化すなら自分が優れていないと説得力が生まれないということを。
ありがとう。
買って損したなんて思ってないよ。
ましてブログのヒット数がガタ落ちになったことを恨んでなんていないさ。
お互い空振りを恐れずにこの先もHS狙いで攻め続けようじゃないか!
また会おう。
おそまつさまおそまつ!

スポンサーサイト

その57 まじめにムズイEat Lead: Return of Matt Hazard前編!!

イートパケ

Eat Lead: Return of Matt Hazard(以下イートリード)は
X360とPS3用に発売されたTPSゲームだ。
既存の有名ゲームのパロディが随所に盛り込まれた遊び心満載のストーリーは
発売前それなりに注目を集めたが、ふたを開ければ遊び心の一切ない難易度で、
くだらない敵に殺されるという不条理はプレイヤーの遊び心すら奪ってくれる!
北米版のみ発売でアジア版や日本版は出ていない。
しかしリージョンフリーなのでどのリージョンの本体でもプレイ可能のようだが
自己責任で買って行こう!

その昔  かつて  ワルノリ
ストーリーはこうだ
主人公マットハザードは80年代の8ビットのゲーム機時代に生まれた
TVゲーム内のスーパーヒーローだ。
機関銃を持ったマリオといえば分かりやすいだろうか。
そのくらい一世を風靡したキャラクターで、勢いまかせに
あらゆるジャンルのゲームにも顔をだし90年代そして21世紀もその地位は
不動のものと思われた。
サクセス  進化  おちぶれて
しかし時代は変わる。彼の人気に陰りを感じたときには、
もう転げ落ちるそのスピードは止められなかった。原因はなんだろう?
少々調子にのりすぎたのか?リーマンショックの影響か?はたまた
新しい嫁さんを楽しませるために多額の著作権詐欺でも働いたのか!
残念ながら英語の字幕すら付いていないので
ここまでのディテールを知るのが関の山だった。

ここまでを読むとアメリカンジョーク満載の
ワルノリアクションゲームと思いがちだがゲーム性はいたって真面目。
TPSというとアクションメインの軽快な操作感のものとシューティングメインの
重厚な操作感のものに大きく分かれると思っているが、
イートリードは完全に後者。
FPS好きがギアーズをプレイするとやや鈍重な動きになれるまで
苦労するが、イートリードはその上をいってるぞW
じゃぷ

まずジャンプは出来ない。障害物の乗り越え方は、張り付き→乗り越え。
という具合のギアーズ方式。
しかも出来る場所と出来ない場所が曖昧なじゃじゃ馬。
プレイ時間の大半は物陰で過ごすことになる。
相手に気づかれないように!というわけではない。
突っ込んで後ろを取られるとあっけなくやられるからだ。
自分の耐久力はそれなりにあって敵もそれほど固くはない。
それでもやられてしまう原因は3つある。
1.動き鈍い。
2.エイムはズームしないとほぼ当たらない
逆にズームするとジリ足になって動きが取れない。
3.視界がアップ過ぎる。
TPSにしてはアップ過ぎで視野は狭い。自キャラが邪魔w
映画館の前の座席にでかいヤツが座っちゃってスクリーンに常にかぶる感覚だ
かぶるな

以上のハンデを背負って戦うため
必然的にカバーポジションがメインになってくる
ひとたびカバー状態に入れば実際には体が露出していても、
敵の銃撃の制度は著しく落ちるので安心してHSが狙える。
常に次のカバーポイントを探し前に進む、そんなゲーム性がお好みなら
やりがいを感じるかもしれないが、まさかこのゲームで!と戸惑う。

敵AIはバカだが奇跡的に嫌らしい動きに調整されているので
接近を許すと手強い。
各ステージはやや長めだがバラエティーに富んでいて
飽きさせず続けられるつくりになっている。
ここまできてクイックタイムイベントかよ!という場面もちらほらあるが
それも愛嬌として付き合おう。

とにかくだ、まだまだ前半。おもしろい、ツマンナイはクリア後に語るとして
徐々に慣れ始めてきた操作感覚で、フザケタ敵共を真面目に倒していくので
後半もお付き合いよろしく。


前半ハイライト!
ゆうじょう  はいらいと1

その56 ザクッと日本未発売ゲームのデモ感想×3。

デモなので読むよりやってみるのが早いかもしれないねえ。
ただし米アカとかの環境が整ってないとDLできないので
そういう人は参考にしてくれたらありがたい。
デモのデモって感じかしら。
金払ってない物に対しては強く言えない、言いたくないって
気持ちを汲み取りつつ読んで頂けたら真実が見えがちです!
では

一本目
Wanted: Weapons of Fate
映画のゲーム化ですな。tpsの形をとっております。
デモではアンジョリ的なエレクト姉さんはお見かけできませんでした。
基本は物陰に隠れつつ敵の裏を取って後ろから撃つだ。
う~ん何だろう・・缶蹴り?だるまさんがころんだ?
そんなプレイ感覚だ。
物陰から物陰に転がって移り敵の後ろまで行ったらケツにカンチョウかます!
レティクルは円形で大きめ。エイムの練習には向かない感じ
画質は中の下。バレットタイム的なスローモーションを駆使して敵より優位に
戦えるのは、はやりのそれだ。
よっぽど映画が気に入った人はデモをやってみてらどうでしょう。
良質なシューターを求めているなら、エイム禁断症状が出てない限り
深呼吸してスルーしよう。
うぉん1  うぉん2



二本目
The Chronicles of Riddick: Assault on Dark Athena
これまたリディックって映画のゲーム化
タイトルが長いのはなんかの言い訳に感じるが中身はけっこうマトモ。
そこそこ重厚感もかもし出せてるFPSだ。
画質も今の基準からそうそん色ない出来。
丁寧なだけに、平凡さが際立ってしまうのもたしか。
オンラインマルチも数種のモードが予定されているらしい
ムービーを見る限りマルチのほうはアンリアルを意識しているようだ。
こちらも月並みですが映画のファンならまずデモからやってみたらいかがかと。
ride1  ride2




三本目
アフロサムライ
ちょっとこのブログにしてはジャンル違いか。
・・なので感想もあてにならないとおもってくれ
まず敵が固い。素手の殴り合いでも二三発で倒れるところ
刀でどんだけきってんだコレ。最後のバッサリいがいは
食らっても平気でぴんぴんしてる。
グロかったりエロかったりするようだが。
敵が多いとバトルが長引いちゃって眠いのよ。
敵打たれ弱い、そしてコッチも打たれ弱い。とかだったら大分よかったかな
アニメ絵が3Dで動く感じは綺麗で面白いのに残念。
当たり判定とかは無茶苦茶なのでボタン連打で押し切れちゃうね。
ahuro1  afuro2



そんな感じです。
なんかデモは気合がはいらないねえW
次回はイートリードって丸見えの地雷を金払って踏んでやるから
失笑して頂戴。

その55 すでに将軍だらけ!KILLZONE2マルチプレイヤー。

前にも書いたようにエイム改善のパッチが当たり
間違いなくハマれるゲームになったキルゾーン2。
ハマル理由は昇進や個人ミッションの報酬のアンロックが
けっこうサクサクと取れるところだろう。

これはライトユーザーにストレスをかけないようにという配慮を
感じる。実際30時間ぐらいあれば誰でも将軍までのぼり詰められそうだ。

最初の昇進までは数十分か上手くいけば一回のマッチで取れる程やさしい。
そして4っつ目の昇進で二等軍曹になると衛生兵を選ぶことがアンロックされる
ここまでくるとまた急に面白くなってくる。
殺すだけでなく仲間同士の助け合いというエッセンスが加わるからだろう。
まあポイント欲しさという本音が半分だけど。

その後もコンスタントに昇進し、セントリーガンを配置できる工兵や
空中botを呼べる戦術兵や、敵兵に化けられる撹乱兵やらとどんどん
やれることが増えていきスキルの組み合わせも多彩になっていく。
アンロックが続くかぎり飽きることなくプレーできそうだ。

ただ不安なのは早すぎる昇進がプレイ寿命を短くする原因にならないかと
いうことだ。私も実際、適当にやっててすでに大佐にまでなっちゃって
後一個で将軍だ。将軍にならなけりゃスナイパーになれないんだから
そりゃみんながんばるわけだが、日本版発売までまだ一ヶ月以上あるのに
すでに戦場の大半が将軍でうめ尽くされているのはなんとも滑稽・・・

自分のレベルにあわせたフィルタでマッチングすることもできるし
少々理不尽な思いをしてもかまわないなら
どこの外国部屋に乗り込んでも問題はないけどね。
ラグは思いのほか少ない。USでもEUでもごくたまにしか感じない。
むしろアジアのほうがキツかったりする。

表現規制がどうのとかはこの際置いておいて
やっぱり発売日が遅いというのはマルチメインのゲームでは痛すぎる。
せっかく日本語字幕までついているのだから、すこしがんばって
アジア版を手に入れるのがベストではなかろうか。

ちなみに私は手違いで北米版とアジア版が両方手元にあるんだけど・・
先に届いた北米でプレイしたステータスはアジア版でも統一されていたよ。
ウォーゾーンとかステータスとかメニュー画面までカタカナになってるのは
なんだか照れる。18+のソフトだが小学生みたいな扱いだ。

今後長くプレイできるように追加コンテンツがほしいところ。
パッチの対応の早い会社だったので期待してしまうなあ。
戦車だのアーマーだの本編に出てきたメカが
使いたくなってきちゃったなそろそろ!


MADな<span style=
どう見てもマッドサイエンティストのような衛生兵。
やっぱヘルガストチームになった時の方がテンションあがるな。

その54 KILLZONE2 エイムパッチ!!!

ついにあの口臭のきつい超美人が歯を磨いてくれたぞ!!
これでもう殆ど非の打ち所はなくなった。
意味わからんという人は前回の記事を読んでください。

エイム反応以外はすこぶるつきの優等生であったFPSゲーム
KILLZONE2はデモまで配信したにもかかわらずそのユーザーの反応を
無視し鬱陶しいエイムのまま製品版を発売し購入した誰もが一度は
砂混じりの涙をながした。
期待とあきらめの混じった惑星ヘルガーンで意地を捨てず最前線を
守り抜いた我々Fキチの頭上に突如訪れた1.20パッチ!約16メガ!
この16メガが全ての病気に効くという。


そうエイムがまともになったのだ!
思ったとおり動くんだ!
急に自分が上手くなったと錯覚するほどにたのしい!
おかげでどのサーバーも満員御礼だ!
今日はびっくりマークいっぱい書いちゃうなあ!

さあもう迷うことはない!
日本版の発売を待っているPS3ユーザー
そして私と同じように360をこよなく愛す諸君。
安心してくれ!買ってしまえばどうってことない。
このパッチで360コントローラーコンバータ
XCM Cross Battle Adapterとの愛称もよくなった!

FPS好きがハードで争うなんて馬鹿げている。
争うのは戦場だぜ。

あああなんだろうホントにうれしいや。


その53 一日クリアKILL ZONE2(北米版)

KZ2パッケージ

力及ばずアジア版の初回出荷を逃したため北米版を追加購入・・キャンセルも不可!
何故にアジア版が欲しかったかというとゴア無修正で日本語字幕が入ってる最強版だからだ。
とはいえそんなこだわる程のゴアもなかったけど、4月末まで待てない。

英語字幕で何か困ったかと聞かれて思い浮かぶことは無い。
十字パッドの上を押せば目的地までやじるしでナビってくてる。さすが未来。

コレまでのあらすじはザックリ書くとこんな感じかしら
宇宙開拓時代のけ者にされた連中が戦闘準備して地球連邦に攻めてきた~
MSが出てこないガンダムみたいな話。
前作で悪者を追い返したので今度はコッチから追い込みかけっぞ!
フリーフォール  しょうぐんさま


では感想!
かなりイイ。
キャンペーンは短めだがオンラインは昇進やアンロックがあって相当長くやり込めそうだ
キレイな画質で32人対戦ってのはわくわくするもんだ。
値段分の喜びはきっとあたえてくれるのではなかろうか。
俺みたいに間違って2本買わなけりゃねw


ただひとつ・・アレなのだ。
これはもう言い尽くされてることなので少し違った表現で言わせて頂く。

このKILLZONE2を女性にたとえるならば、
顔がキレイでスタイルも抜群!その上性格も良い。
ただ口臭がめちゃキツイ!!
そんなの歯を磨けば済むことだろ!と指摘しても、かたくなに磨かない。
そんな女だ。
・・・・・そしてその臭い部分とはエイムです。

なんとまあクセのキツイ照準及び視点移動
そのうち体が慣れる、というレベルではない。
初動が重く途中から加速。そんな照準を右往左往
タクサンのFPSをやってきた自分にも酔いが襲う・・・

しかしどうしてもコノ話題のイイ女と仲良ししたいので
これは惑星ヘルガーンの重力のせいに違いないと無理矢理なっとくさせる。
図らずもラストステージの難しさで繰り返しプレイする中
若干の上達を感じることができたが・・歯~磨けよ!!

そこだけなんだ!ほんとマズイのはそこだけ。
鉄格子一本一本にまで当たり判定があって、
その隙間を抜けるスナイプが出来た時の快感や
カレー事件の容疑者が報道陣にホースの水をかけるかのように
火炎を放射する優越感。
高低さの多いマップで敵プレイヤーを迂回し裏から決めるダブルキル
砂塵吹き荒れぼろ布はためく荒野で混沌と殺しあう32人。
PCゲームをやっているのかと錯覚するようなきめ細かさを持っている。
火炎どば~ ロビンマスク

だから私はかなり強情なこの美女を味わいつくすため首根っこをつかみ
面と向って舌を絡ませていこうと決意したのであります!
それでは戦場で。
サー!


 
                  続キ!うれしいニュース←クリック




----------------------------------------------------------------------
おまけ
KILLZONE2 とXCM Cross Battle Adapterの相性について
前にも書いたけれど相性は完璧ではない。
でも大元のエイム感が、ちょとした遅延など分からない程のクセものなので
スティック同士の幅が広い分360コントローラーの方が操作はしやすかった
ただバイブは無効。そして致命的なのがキャンペーン中に
バルブを捻る、爆弾を設置する、等のアクションが出てくるが
その際PS3のコントローラーの傾き検知機能が必要なのだ!
勿論360のコントローラーにはついていないので、その際コントローラーを換える
必要がある。はっきり言ってめんどいのでやってられない。

もしかしたらマルチプレイで傾き使わない場合は活躍するかも知れないが
コンバートの際、スティック感度が更に重くなるので
オプションで最高に上げる必要がある。

素直にデュアルショック3にアシストパッドを装着するのがベストかも知れ無い。

その52 F.E.A.R. 2: Project Origin (後編)とマルチ。

五寸釘で君を釘付け!あんなに寄るなと釘刺したのに!
五寸

失礼。こういうのをオヤジギャグというのだろうか。
前編を読んでない方はこちらをクリック
とにかくやっとクリア。とはいえ難しかったからではない。
ノーマルで始めたが前半は拍子抜けする程簡単。
後半はそれなりに死なせてくれるが、スローモーとショックグレネードという
ダブルアドバンテージを利用すれば、初心者以外ならはまることはなさそう。

腕に覚えがある人はハードで始めて、やっぱキツイとなったら途中でノーマルに
落とすってのも手かもしれない
ちなみに各ステージクリア系の実績は難易度を問わない。
最終クリア実績はハードのみで
ハードモードで全ステージクリアが条件。んで30。
実績の半分ぐらいがオンラインに振られるのでチョイ少ないね。

ではキャンペーンモードの感想など。
ん~おおむね良かった。飽きさせないようなステージ構成もなかなかよい。
ウザイ幽霊も少なくなってストレスも少ない。

ただ期待が大きかったBOTのAIに不満が残ったなあ。
弱いってワケではないけれど、調整が上手くないという印象
遮蔽物を使いつつ積極的に接近してくる敵はハードでは脅威になるかも知れないが
人間味を感じづらい。少しぐらい戦闘が硬直しても、もう少し特攻は控えるべき
だろうとおもった。
ボットども

ショットガンは最後まで存在意義を感じなかった。
弾の供給が豊富だが威力が弱い。
これは逆にするべきだったと思う。高威力で弾数が希少。こちらの方が
ゲームバランスもとれつつ快感も得られたのではなかろーかい?


だけどそれ以外は結構楽しめると思う
分岐がない一本道なので、まずはまらないと思うので海外版初心者でもいけそう。
英語が苦手なひとはあえて字幕なんか読まないことです。
あまり大したストーリーじゃないし、間違っても「私、友達の家に泊まるって
言ってきちゃった!」なんて甘酸っぱいセリフもないので
ただ画面を見て進行ルートを探す事に集中しよう。

まずはドア、通気口、パソコン起動、ドアの前の障害物をどける、錠を壊す
バルブをひねる。
そんな物が無いかチェックしよう。どうしても。ど~してもはまったら
俺に聞く。まずないけどねW
ドアの邪魔  どけられます
こんな感じにボタン長押しでどけられたりするので見つけてね。


このゲームの魅力はアンバランスなところかもしれない
完成度にムラがあるのだけれどそこに製作者の人間臭さと可愛げを感じてしまう。
例えば当然破壊できるであろうオブジェが壊せないのに
焼けこげた死体は触れただけで灰として羽毛のように宙を舞うなどの凝りよう。
スローモーでみるヘッドショットの凄まじさ。
全力投球してるのは日本で見せちゃイケナイ部分ばっかりW
なんか親近感を覚えてしまうのは自分の漫画も・・・・
話がマズイ方向に行きそうなのでやめようw
こんがり   バフッ

大雑把な世界観はアキラと貞子のアイノコみたいな奴のルーツを追うというもの
人も幽霊も化け物も鉛の弾をぶち込んでぶっ壊せってなナイスな主人公になり
悪夢をけちらそう。



ココからはオンラインプレイの話。
モードが6つある。
デスマッチ、チームデスマッチ
あとは爆弾仕掛けたり、ロボット乗って前線を押し上げたりetc..

中でも気に入ったのはアーマードフロントというモード
一列に並んだ占領ポイントを両軍が反対側から順に獲っていくというもの
各チームに一台づつロボットが配置されているので利用して前線を押し上げるのが常道。
占領ポイントが一列なため常にフロントラインが生まれて戦闘に事欠かないという仕組み。

ポイント振り分け制でオリジナルの兵科を作れるのも楽しい。
ただアーマーが堅いとサブマシンガンではなかなか削れなかったりするので
人気武器は決まってくるかもしれない。
アーマードフロント  兵のエディット


pingが安定していればそれなりにスムーズな戦闘ができる
カスタムマッチで条件を決めよう。
クイックマッチはサーバーのpingが選べないのでイタダケナイ。
プレイヤーマッチよりランクマッチを選ぼう「実績のために」
当たり前だけどスローモーはないよ。


今回のベストショット!アルマ式ダイエット使用前、使用後
使用前  使用後






プロフィール

タイム涼介

Author:タイム涼介
ゲームもアッチの方もたいして上手くないです。
でもどっちもとても好きです。
FPS,TPSゲームがとくに。
日本未発売ゲームも紹介。
リンクは自由です。

このブログにおけるアフィリエイトで得た収益は全て
振り込まれ次第、世界の被災地に寄付致します。

ツイッター
フォローしてください
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。