スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その105 猛犬注意DEAD TO RIGHTS!

タイトル犬

舞台は少し未来のアメリカかな。
何者かに殺された父親の仇をうつべく
唯一の信頼できる友、大型犬シャドウと友に
反政府組織とそれを操る黒幕の陰謀に立ち向かう。
スジはこんなトコ。

DEAD TO RIGHTS RETRIBUTION
X360 PS3

ジャンルは3人称のアクションシューティング
近接の格闘も多めで、犬によるステルスステージまで有る

ゴアはそこそこだけど欠損は無し出血量セレクトあり

日本の大手ゲーム会社が海外の作品を日本語化して
売ることも増えてきたが、今回の場合は初めから
海外の制作会社に発注して作らせたという感じだろうか?

日本は銃モノのゲーム制作が苦手で、まあ身近に銃が無いんだから
無理もないし、ジャンル的に浸透もまだ浅いので丸投げした方が
楽っちゃ楽なんだろうな~
などと思っていたが、このソフトはかなり和ゲー臭が漂う。

それはどの辺りかというと無駄にフィーチャーされたボス戦と
その体力ゲージの長さ。
時間の掛かる格闘戦とどうでも良いコンボ技
そしてキメ技アニメーション

他ジャンルファンを取り込もうとしたのだろうけど
完全防備の敵との素手ゴロはリアリティも無くかつ
爽快感にとぼしい。せめてパイプや斧で戦いたかった。

しかしそれは気持ちの問題で数時間プレイするうちに徐々に
頭も切り替わっていくので完全否定はできない。
シャドウ犬



まずなんといってもこのゲームは犬だ。
なんと最初に操るキャラは犬なんだから驚いた。
飛び掛り押し倒す、喉に喰い付く、イチモツを噛み砕く
実際対峙したらと思うと恐ろしすぎる

しかし銃を持った相手に防護服も着ずに飛び掛るのはやはり無謀。
正面から行くとすぐやられてしまう。

ただ人間モードで犬を遠隔指示するときはだいぶタフで
何発か撃たれても平気で走ってる・・・・

一貫性のないゲームバランスに戸惑いながらも
けなげに武器をくわえて拾ってきてくれる犬に涙が出る。

しかし愛犬家の私としてはそれが逆にゲームの難易度を上げる結果になった
銃弾飛び交うただ中に突っ込めなどという指示はできっこない
せめて防護服を着せるなり、視覚的な気休めがあったなら
犬好きとしても効果的な指示が出来たものの・・・
キャーンという悲鳴を上げ倒れる犬
ダウンしても制限時間内に近寄って手をかざせば復活してしまうので
そんなに気遣いは無用なのかもしれないが

それが出来ず犬を助けに即行で敵の射線に飛び込んで共倒れ
そんなことの繰り返し。

なかなか綺麗なグラフィックとボリュームには満足。
不条理な部分も含めて楽しむことを心がければ
記憶に残るソフトかもしれない。

だきしめ犬 ダディ犬







スポンサーサイト

その104 う~んBLACKLIGHT TANGODOWN・・・・。

ブラライタイトル

マルチプラットのDLC
BLACKLIGHT TANGODOWN


先出の360北米アカでDLしてゴールドである日本アカでプレイ。
勿論DL時には北米MSPを利用。
すげえハードルを越えた末ありついたマルチプレイの薄さ。

1200MSP日本円で1400円チョイ
洋ゲーソフトに7000円程出すこともある私にもえらく高く感じた。

コントロール系の調整は悪くなく、グラフィックも許容範囲。
でも他に何も無い。対戦人数とマップの広さはMW2と同等だけど
派手さもスピード感もフロー感もない。

BFBCのようなオブジェクト破壊もない。
MAGの人ごみもない。

マウスコントローラでの操作感はしっくり来たが
一番しっくり来たのはそのコントローラーをそっと
机に置いた時だった。
ブラライプレイ


アンリアルエンジンを使ってるようなので少なくとも
制作費に3~4千万円ぐらい掛かっていると推測するけど

なるほど個性の付加価値をつけるためにはお金を掛けなかったようだ。
うまく3万DLされれば黒字。なんかそんな銭勘定が透けてみえる。


良かったことといえばヤリ飽きてそろそろ箪笥にしまおうかと
思っていたソフトをもう一度やりたいと思わせてくれたことだ。


ひどいな~俺。
金と心に余裕があるひとはお試しあれ。



追記~
書き忘れせすが一番上の画像にあるとおり
海外DL版も日本語ローカライズされてる模様。
なぜ配信日が遅いのかは不明。

その103 結局ゴア!SINGULARITY北米版

タイトルしんぎゅ

今回はSINGULARITYだシンギュラリティと呼んでいいよね。
直訳すると~特異点?なんかブラックホールの元みたいなもんかな。
まあどうせソフト開発者も分かってないんでしょう。

ゲームの形式はFPS時々パズル。
X360 PS3 WIN7

んでだ、なんで日本版の発売も予定されてるコレを
わざわざ北米版で買ったかというとゴアです。
トレイラーのプレイムービーを見る限りなかなかのゴア。
つまり残酷表現ね。うでが~頭が~ボーンってやつ。

ちょっと日本版では難しいかなと思って北米版オリジナルを購入。
案の定、日本版発売メーカーからHPにて修正発表。

しかし北米版は勿論英語。一部ロシア語。英語の字幕もなし。
ここらへんの天秤加減は個人個人で判断するしかない。

挑むは中一英語で挫折した高卒漫画家。
問題はない。全く迷わない。絵を見てればやるべき事も全て理解できる。
所詮シューティングゲームだ。

進むべき道は一本道で、途中つかえたら、そこはパズルゾーン。
何語であっても答えは自分で考えろということらしい。

中盤からは道しるべを表示する能力まで手に入れて至れりつくせりだ。
腕にはめた装置で壊れたものを復元したり、逆に老けさせたりしながら
道を確保。

ただこの装置ってのにリアクションしてくれる物体がかなり限定的で
しかも理不尽。ああゲームだなあって思わせてしまうのが残念。

勿論戦いに使うこともできて、その効果はかなり高くしかも戦法の
アイディアをかき立ててくれるのは楽しい。
手つきしんぎゅ


エイムの感触も素直で、当たり判定も合格。

でもやっぱりこのゲームの中心にあるものはゴアなのだ。
相手の時間を止める、スナイプ時スローモーションになる。
この辺の演出はハッキリくっきりお望みのあのアベシ!を体感する
ために用意されたモノだし、インパルスは至近距離で敵の体を
平和じゃない方のピースにするために思いついた武器のはずだ。

スプラッターが嫌いな人からすれば理解不能だろうけど
コレはスプラッター好きがスプラッター好きの為に作ったゲームだと
同族的にウインクひとつで伝わった。


勿論ローカライズする日本のメーカーの営業妨害はしたくないし
今回は修正箇所を発売前から発表したのは好感がもてる。
これで買う側が選択肢を持てるというものだ。

最近流行の日記回収的なサブ要素もあり
なかなか多いテキスト量だし、物語の詳細をしりたければ
日本語版がベターだろう。

ただし修正箇所が災いしてオンライン対戦で外国サーバーに入れない
ということだけは覚悟したほうがいい。
sinnguオン



じゃあ話が出たところでオンライン対戦(北米版)感想。
悪くない!ただし人が集まれば。

兵士チームとクリーチャーチームに分かれて拠点の攻防。
守る側と奪って進む側に分かれて戦うわけだが

クリーチャーをプレイするあたりにL4D的楽しみがあり
しかもあそこまで貧弱でもないのでなかなかのバランス。
ただ楽しみ安い分、慣れまたは飽きも早いかもしれない。

日本版を買う人にちょっと良い話かもしれない?けど
海外版であってもすでに過疎ってます。
北米版のアドバンテージは最早ない。

日本隔離サーバーでラグなしでやる方がいいかもしれない。
いずれにしてもオンの寿命は短いとおもっていい。

どっち版を買うかは貴方しだい。


ちなみに360版の話をしてしまうと
Scorchマウスコントローラとの相性はよい。

その102 全てはシナリオ通りアランウェイク

タイトルあらん

スティーブンリンチコック。そんな混ぜ混ぜで
借り物だらけのコンセプトだけど、借りどころがいいのか
最後まで飽きずにやりぬけた。


ストーリーは人気作家アランウェイクが妄想と現実の狭間で
サバイバルするといったものだが。
人気作家になったことがないので山奥の村に充電旅行なんつう
こいつの必死ささえうらやましいもんさ。

さておきゲーム性はいかなるものかというと
アクション性を強くしたヘビーレインとでもいうのか
それもだいぶ語弊があるが、つまりはプレイする映画。

むしろ連続ドラマの形を意識して作った作品で
シナリオがガッチリしてる分自由度は皆無
ヘビーレインのような分岐も存在しない。
ある意味気楽でよいかもしれない。

ここまでの口ぶりではまるでアドベンチャーゲームのようだが
一歩外に出れば拳銃を撃ちまくるただのアクションシューティングだ

夜になると襲い来る謎の村人達との戦い。
こいつらは情けないことに光に弱い。
己の心の闇との戦いということをイメージしているのか?
しかし懐中電灯で照らしつつ結局は銃弾をぶち込む。
そしてありえない程に山奥に設置されまくった乾電池と弾丸。

このご都合主義を考えるとあきらかに妄想なのだが
主人公の妄想なのかゲーム製作者の妄想なのか分からん。


グラフィックはなかなか綺麗だ。
解像度が低く不鮮明なのが残念だが。
MW2グラフィックのように美術センスねえなあなんて
思うこともなくなかなか自然。
この部分は良い美術スタッフがいることが伺える。
なおさら解像度はくやまれる。
逆光あらん 森あらん めりくり?

光や影の表現に興味があるクリエイターは
プレイする価値があるかもしれない。

クリアしていながら、まだ紹介できていないソフトが増えたので
このへんで。
プロフィール

タイム涼介

Author:タイム涼介
ゲームもアッチの方もたいして上手くないです。
でもどっちもとても好きです。
FPS,TPSゲームがとくに。
日本未発売ゲームも紹介。
リンクは自由です。

このブログにおけるアフィリエイトで得た収益は全て
振り込まれ次第、世界の被災地に寄付致します。

ツイッター
フォローしてください
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。