スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その99 本音はどうだエイリアンVSプレデター

AVPたいとる

Aliens vs. Predator海外版  (win,x360, ps3)
海外レビューそして某大型ネット書店のレビューでも
安定しない評価で何を信じてよいかわからないこのソフト。

私に言わせてもらえば、酷評するほど悪くもなく
絶賛するには無理があるってトコロだ。

海外のレビューアーからはかなり不当な評価を受けているが
超話題作が目白押しで忙しい時期に、本当に
B級グルメのようなこのテイストをじっくり味わったのか疑問だ。

ミシュランの審査員がフレンチレストランに入るつもりで
うっかりもんじゃ屋に入ってしまったのなら
いくら旨いもんじゃでも星は貰えないだろう。

Aliens vs. Predator このソフトは言わずと知れた
同タイトルの映画のフランチャイズ商品だ。
そう聞くとゲーマーならいい印象は受けないだろう。
せいぜい映画シリーズファンのライトユーザー向けで
よくある売り逃げ商品だろうと。

しかしそれにしてはあまりにタイミングずれだ。
AVPの新作と時期を合わせてるワケでもない。
コチラの心配は的中。内容の残酷表現で発売されない国が
出たのもあいまって、売り上げは振るわず、開発チームは
解散に追いやられた。

このソフトの内容を紹介する前に言っておくと
革新的な部分は皆無だが
決して悪質な売り逃げ商品ではないということだ。


まず面白いのは
3種類のストーリーが楽しめること。
人間、プレデター、そしてエイリアン。
それぞれが別ゲームのような動きをしてワクワクさせる。
AVPらぼ P-さーも AVP-A.jpg

人間は未来の海兵隊らしいが、いわゆる馴染みのFPS感覚で
プレイが出来るのでやっててしっくりくる。
一番気に入ったのはマシンガンの銃声。
映画エイリアン2といえばシリーズの中では最高傑作だけど
あの映画で聴いたあの銃声!
あのタンを吐く前の助走のような「コーッ!」
っていう銃声を再現してくれてるから実に楽しい。
この表現ではマイナスか?

他の2種族からすれば人間のもつ火器はかなりの脅威だ。

プレデターは高いジャンプ力を持ち人間が行けない場所に登れる。
ロックオンするキャノンやブーメランカッター等
映画に登場した武器が使える。
例のサーモグラフィのようなビジョンも使えるが使い道がない。
そう、ここらへんが、このゲームの弱みだった。
光学迷彩も使えるが効果に疑問があったり
ジャンプゲーム要素をムリに入れたりと、楽しいはずの要素が
技術の低さで重荷になってしまった。
しかし努力の跡はうかがえるので、腹立たしいものではなかった。

続いてエイリアンモードは、また他とは違うアクション。
壁や天井を縦横無尽に這い回ることができ、ダッシュも早く爽快。
仲間エイリアンと一緒に駆けずり回るのも楽しい。
FPSなので当然壁に張り付けば視点は傾くし天井に張り付けば
逆転するのでかなり酔える!
個人的にキライじゃない酔いだけどね。

と3種類の個性ある操作性でプレイ出来て
盛り沢山な感じがするが、マップが別々というわけではない。
同じ時系列を3方向から味わえるということだ。

ただ同一のマップを3方向から進む感じは
手抜きとまでは言わないが、ちょっと飽きますわ。


グラフィックはギリギリ許容範囲という程度で
やや古くささを感じる。ライティングや影にこだわりを
感じる部分もあったけど美術的センスが古いのだ。
まあ映画シリーズの雰囲気から逸脱するものではなので
目をつぶる。

FPSゲームとしては、そう新しいことをしているわけでは
ないが、映画シリーズのファンであれば、新作を楽しむ感覚で
十分楽しめるのではないだろうか。

個人的な趣味で言わせてもらうと
プレデターがもっと強くてもよかった。
強すぎて簡単になるぐらいで構わないから特有の「狩り!」
っというものを堪能できたらリピートしたかも知れない。
AVP-P.jpg

ただしマルチプレイモードには期待しないほうがいい。
発売してからそんなに時間が空いたわけでもないのに
まるで人が集まらない状態だ。
面白いかどうかの判断も出来ない程の過疎ぶりだが
まあ面白ければここまで過疎ることもないのだろう?


ここまで書き忘れてたけど海外版なので当然
日本語字幕とかないです。リージョンは各機種で
買う前に確認したほうがよいでしょう。

日本版が出るかどうか不明。
ある理由で頭部をセパレートして利用するシーンがある。
恐らくその部分が最大のネックで、ドイツ、オーストラリア
で発売が出来なくなった。もし日本でその表現がアウトなら
開発チームがもう解散を表明している時点で
日本版のためだけに差し替えたりするのも困難だろう。
基本一本道ゲーなので迷わないが
若干の謎解き要素あり。それもふくめてゲームだ!がんばろう。


海外版も普通に通販で買えます。
カードがねえよ実家住まいで家族に見られたくねえよ
なんてひとは、秋葉まで出向けば珍しいゲームとの出会いも
増えるんじゃなかろーか。


もっとクソゲーかと思ってワクワクしてたが意外とちゃんとしてて
俺ぐらいのヘンタイには、逆に肩透かしだったぜ。

おそまつ。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

タイム涼介

Author:タイム涼介
ゲームもアッチの方もたいして上手くないです。
でもどっちもとても好きです。
FPS,TPSゲームがとくに。
日本未発売ゲームも紹介。
リンクは自由です。

このブログにおけるアフィリエイトで得た収益は全て
振り込まれ次第、世界の被災地に寄付致します。

ツイッター
フォローしてください
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。