スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その103 結局ゴア!SINGULARITY北米版

タイトルしんぎゅ

今回はSINGULARITYだシンギュラリティと呼んでいいよね。
直訳すると~特異点?なんかブラックホールの元みたいなもんかな。
まあどうせソフト開発者も分かってないんでしょう。

ゲームの形式はFPS時々パズル。
X360 PS3 WIN7

んでだ、なんで日本版の発売も予定されてるコレを
わざわざ北米版で買ったかというとゴアです。
トレイラーのプレイムービーを見る限りなかなかのゴア。
つまり残酷表現ね。うでが~頭が~ボーンってやつ。

ちょっと日本版では難しいかなと思って北米版オリジナルを購入。
案の定、日本版発売メーカーからHPにて修正発表。

しかし北米版は勿論英語。一部ロシア語。英語の字幕もなし。
ここらへんの天秤加減は個人個人で判断するしかない。

挑むは中一英語で挫折した高卒漫画家。
問題はない。全く迷わない。絵を見てればやるべき事も全て理解できる。
所詮シューティングゲームだ。

進むべき道は一本道で、途中つかえたら、そこはパズルゾーン。
何語であっても答えは自分で考えろということらしい。

中盤からは道しるべを表示する能力まで手に入れて至れりつくせりだ。
腕にはめた装置で壊れたものを復元したり、逆に老けさせたりしながら
道を確保。

ただこの装置ってのにリアクションしてくれる物体がかなり限定的で
しかも理不尽。ああゲームだなあって思わせてしまうのが残念。

勿論戦いに使うこともできて、その効果はかなり高くしかも戦法の
アイディアをかき立ててくれるのは楽しい。
手つきしんぎゅ


エイムの感触も素直で、当たり判定も合格。

でもやっぱりこのゲームの中心にあるものはゴアなのだ。
相手の時間を止める、スナイプ時スローモーションになる。
この辺の演出はハッキリくっきりお望みのあのアベシ!を体感する
ために用意されたモノだし、インパルスは至近距離で敵の体を
平和じゃない方のピースにするために思いついた武器のはずだ。

スプラッターが嫌いな人からすれば理解不能だろうけど
コレはスプラッター好きがスプラッター好きの為に作ったゲームだと
同族的にウインクひとつで伝わった。


勿論ローカライズする日本のメーカーの営業妨害はしたくないし
今回は修正箇所を発売前から発表したのは好感がもてる。
これで買う側が選択肢を持てるというものだ。

最近流行の日記回収的なサブ要素もあり
なかなか多いテキスト量だし、物語の詳細をしりたければ
日本語版がベターだろう。

ただし修正箇所が災いしてオンライン対戦で外国サーバーに入れない
ということだけは覚悟したほうがいい。
sinnguオン



じゃあ話が出たところでオンライン対戦(北米版)感想。
悪くない!ただし人が集まれば。

兵士チームとクリーチャーチームに分かれて拠点の攻防。
守る側と奪って進む側に分かれて戦うわけだが

クリーチャーをプレイするあたりにL4D的楽しみがあり
しかもあそこまで貧弱でもないのでなかなかのバランス。
ただ楽しみ安い分、慣れまたは飽きも早いかもしれない。

日本版を買う人にちょっと良い話かもしれない?けど
海外版であってもすでに過疎ってます。
北米版のアドバンテージは最早ない。

日本隔離サーバーでラグなしでやる方がいいかもしれない。
いずれにしてもオンの寿命は短いとおもっていい。

どっち版を買うかは貴方しだい。


ちなみに360版の話をしてしまうと
Scorchマウスコントローラとの相性はよい。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

タイム涼介

Author:タイム涼介
ゲームもアッチの方もたいして上手くないです。
でもどっちもとても好きです。
FPS,TPSゲームがとくに。
日本未発売ゲームも紹介。
リンクは自由です。

このブログにおけるアフィリエイトで得た収益は全て
振り込まれ次第、世界の被災地に寄付致します。

ツイッター
フォローしてください
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。