スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その13 到着アンリアルトーナメント3

よくもわるくもスポーツ系!!
アンリアル3パケ

毎度の様に発売日配送してくれるネット通販ショップから
ありがた迷惑にも午前10時に到着。(日本版です)
眠いので開封せず数時間熟成させた後に実戦開始。

チュートリアルを兼ねたキャンペーンモードを始めると
ムービーが流れる。激しい戦闘シーンに心躍る!
しかも妹キャラがジェシカアルバ風でさらに乱舞!
主人公と思しき男性はハンマー投げの室伏をさらにゴツクさせた
感じだ。
妹1
写真移りは悪いがムービーではモアセクシー。

むろふし 兄 こんなんこんなのや
もっとゴツイ怪獣も選べる


そして戦闘開始!・・・
ポカーン。和風の箱庭で兄と妹が一対一でひたすら撃ち合う
殺しても殺してもドコからか復活してくる妹。
どうやら先に10回倒した方がかちらしい。

二面三面と進める。旗を陣地に持ち帰ったり
徐々に陣地を占拠して相手のコアを破壊などのミッションが
つづく・・
俺の第一印象は「これはタイプじゃない!」だった。
オチを先に言うと徐々にはまっちゃうわけだけど。

FPSといってもその中に幾つもジャンルがあるようで
わたしの好きなミリタリー系やらSF系やら今回のこの
アンリアルトーナメント3みたいなスポーツ系やら多様だ。

ゲーム性でいうとヘイロー3のマルチプレイモードに
よく似てる。こちらは私ちょっとやって投げた経験がある・・
戦場を体験したいと思ってプレイしたからだろうな。
そういう空気感は皆無だ。そこが受けてる部分でもあるのでしょう。

ひりひりとしたミリタリーFPSにドップリ浸かったわたしのような
人間がひたすら走り回るスポーツ系のアンリアルトーナメント3を
楽しむには頭の切り替えが必要らしい。
しかしその切り替えさえ上手く出来ればコレほどゲームバランスの
良いゲームも少ないので新しい世界に踏み込めそうだ。

実際このゲームで敵陣から旗を奪って基地にダッシュしている時
スポーツ系という意味が良く理解できた。
鉄砲使っていいアメフトって感じ。車と戦車とワープも可!
ennsya2.jpg  戦車1


疑問や疑念を捨ててこのゲーム性を受け入れれば
今度はこのゲームがコチラを受け入れてくれるでしょう。

このソフトのメインであるマルチ対戦にも挑戦したけど
チームメイトにとんでもなく迷惑かけたのでまずシングルをクリア
すっかな!
例によって一緒にプレイしてくれる人募集。
出来れば妹アルバ(偽名)を使ってくれるとバックアップに熱がこもる!



補足。
グラフィックについては不満はないけど
驚く程キレイってわけじゃないのでそんなに期待しない方が吉。
ギアーズの方が若干上だったりして。

アンリアル トーナメント3アンリアル トーナメント3
(2008/09/18)
Xbox 360

商品詳細を見る


←押忍

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

戦場の空気と戦闘の空気は違うってことですかね。
スポーツ系ではまったのはQuake3かなぁ。
クランまで所属して毎日ドンパチしてたもんだw
σ(゚∀゚ ∬的にはやはりスポーツ系はコントローラーじゃだめだなぁ。
スポーツ系のFPSはやはりマウスの感度をビンビンにして
ニュータイプのような反応をしちゃう人が勝つわけで。
これをコントローラーでやると親指だけの操作だと上手く行かない。
ビンビンの感度のマウスを掌と指5本で操作する、これが重要なのかなと。
でも箱やっててコントローラーにも利点があるなと最近感じてもいます。
リアル系FPSによくあるモッサリした感じの動きにコントローラーの
操作感がよくあう。リアル系ってあんまり感度上げると逆にやりにくい。

個人的経験からMAPの広さが同じとした場合、
リアル系は一撃必殺であるからして戦闘範囲は自分からみておよそ、左右に120度くらいまでが戦える範囲なんじゃないだろうか。
それより広い範囲からの攻撃にはおとなしくやられるしかない。
またAIMの精度が重要とされる。

スポーツ系はそれとは逆に、一撃必殺の武器というのはそれほどない。その分戦闘範囲は左右に200度くらいで、斜め後ろからの攻撃にも対応しなければ勝てない。ただしスポーツ系FPSの武器には
トンデモ兵器が多く、それこそ連発できるロケットランチャーなんてのも平気で存在するから、とにかく敵のほうにむけて打てばそれなりにダメージを与えることができるわけで。

ってわけでやはりスポーツ系はマウス!
リアル系はコントローラー!
これで決まりだ!w

(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ? コントローラーでも上手い人がいる?
そんなのあれだ・・・きっと脳みそに接続端子ついてて脳波でコントロールしてるにきまってるw

No title

なんか面白くなってきてどんどんはまりつつあるんだけどね。
なんだろこれ触ってねえのに勝手に歩いたりするんだなあ。
補正かかってんのかな?

コンシューマーでfpsをやるメリットはチーターが居ないこと
ぐらいなのかなw
ps3版はマウス キーボード対応らしい。
いい傾向だなそれが当たり前になればいいね。

なんだかんだ言って楽しんじゃってるからな
スポーツ系fpsもイケルってことになっちゃったら
買うゲーム増えて困るよw

とっととシングルクリアしてマルチやろうかと思ったら
結構ステージ数多いでやんの!
過疎らんうちに追いつかないとw
プロフィール

タイム涼介

Author:タイム涼介
ゲームもアッチの方もたいして上手くないです。
でもどっちもとても好きです。
FPS,TPSゲームがとくに。
日本未発売ゲームも紹介。
リンクは自由です。

このブログにおけるアフィリエイトで得た収益は全て
振り込まれ次第、世界の被災地に寄付致します。

ツイッター
フォローしてください
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。