スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その42 2月はF.E.A.R.祭り。

オリジン

2月10日(仮)F.E.A.R. 2: Project Originが発売される。
2月も国内外で色々なソフトが出るがおそらくコレが一番
濃厚な一本になるであろうと予想している。
日本ではそれほど有名ではないがアメリカではそれなりの
知名度と人気を誇るシリーズらしい。
らしいって知らんのかい!
いやちょっとは知ってる。
知ったかしたら嫌かと思ってね。


ホラー系fpsのさきがけとなったのが最初の作品
F.E.A.R. -First Encounter Assault Recon
ホラー系といってもミリタリー色が強くソッチ目的のファンも
多いようだ。

ってなわけでF.E.A.R.2をやる前に1からやってみようと思いついたのが
すでに半月前。
F.E.A.R. -First Encounter Assault Recon
拡張パック詰め合わせのF.E.A.R. Files
どちらもコンシューマ機では日本未発売なので輸入。
しっかし待てど暮らせど届かぬ知らせ。

やっと届いたと思ったら拡張パックのF.E.A.R. Filesのほうが先という
間の悪さ。本編届いてからやろうかとも思ったけれど。
2の発売にクリアが間に合わなくなったら嫌なのでF.E.A.R. Filesから
やることに。邪道中の邪道じゃねえか。
パケ

と思ったけどどうせ英語でストーリーなんて半分も分かりはしねえんだから
どっから攻めても大差ないや。
F.E.A.R. Files ってのは最初のF.E.A.R. -First Encounter Assault Recon
クリアしたけどもっともっとF.E.A.R.してたいですやん。2まで待てないですやん
ちゅう欲しがりやさんのファンのために追加発売された
Extraction PointとPerseus Mandateの詰め合わせだ。

前置き長くなったけど率直な感想。なかなかよい。
このシリーズはホラーやスプラッターが売りだが
もうひとつ大きな評価を受けているのがAIだ。

グラフィックははっきり言って粗く、初代X-BOXに毛が生えた程度。
発売当時の基準からしても相当しょぼい部類だったのでは?
手抜きというより無頓着という感じ。
などとなめてかかると、グラに似つかわしくない
賢すぎる敵兵に自尊心まで撃ち抜かれてしまうだろう!
液晶テレビ へりこ

敵BOTに組み込まれたAIはいまだに最強なのではなかろうか。
回り込む、挟み込む、制圧射撃中横から攻める。
物陰に隠れていれば安全なんて事はありえない。

このAIを最初に作ったのはモノリスというゲームディベロッパー。
F.E.A.R. -First Encounter Assault Reconを手がけたが
大人の事情か権利を一端売却。このたび2をだすに至って
ようやっと権利を買い戻しF.E.A.R.という名のつく続編を
出せるようになったそうな。

じゃあオレがやったF.E.A.R.Files はモノリス製じゃないじゃんか!
そうなんだ。でもシステムは受け継いでるので戦闘感は同じとのこと。
受け継いだのはTimeGateという開発会社。
ここも今年発売が予定されているSection 8というソフトを手掛けて
いるので要注目。


思わずディープな方に入り込んだので話を元に戻そう。
今回クリアしたF.E.A.R.Files
ゴアは相当きつめで首、腕、足、胴体、ゴアゴアにもげます。
爆発で復元不能のピース状になったり赤い霧になったり
骨だけになったりします。

柱などオブジェクトの破壊もそれなりにあり
隠れ場所を無くしたり爆発物に引火させるなどの戦略的にも
バリエーションが豊富です。
霊 骨 ゴア 霧


逆に売りであるはずの幽霊がウザ・・っという感じも。
(ストーリー知ってれば楽しめるのかも)
解決法はショットガンを使うこと。

スローモーって技が使えて神経集中で時間の流れをゆっくり
に見ることが出来てエイムしやすいっす。流行ですね最近。
邪道と思う方は使わなくてもクリアできる。

英語は分からなくてもつまづく場面はなかったです。

ストレス感じず楽しむためのアドバイス。
1.進めるドアが無ければ通気口をさがす。それも無ければバルブ。
2.幽霊にはショットガン
3.画面は明るめに。

弱点もあるソフトだったけどプレイしてみて2への期待は倍になった。
AIの更なる進化と同ハードとは思えない程のグラフィックの向上を
期待しつつその日を待つとしましょう。
                                       
                                         ←押忍




comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

タイム涼介

Author:タイム涼介
ゲームもアッチの方もたいして上手くないです。
でもどっちもとても好きです。
FPS,TPSゲームがとくに。
日本未発売ゲームも紹介。
リンクは自由です。

このブログにおけるアフィリエイトで得た収益は全て
振り込まれ次第、世界の被災地に寄付致します。

ツイッター
フォローしてください
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。