スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その49 Shellshock 2: Blood Trails 後半戦。

わりかし余裕のあった中盤までのサバイバル。前半読んでない方はコチラ。
後半にに差し掛かると何かの間違えではないのかと思いたくなるほどの高難易度
しかしイージーでプレイするのは情けないしチャプタークリア実績も入らないので
当然ノーマルで続行するわけだが、油断などしなくても死ねる。
悪化

そして終盤に差し掛かると緊張感は最高潮に達する。
死にたくない。いや、チェックポイントまで戻されたくない!
頻度を増すパラッパ状態に閉口しつつも、おのずと集中力が研ぎ澄まされてゆく自分に
快感を感じる。

展開はいたってシンプルというか若干のマンネリ。
ブービートラップのたぐいもオマケ程度だったようだ。
しかし分かっていても壁を突き破るゾンビにはビビらされる。
残弾数も常に気になる。確実にヘッドショットだ。
ココに来て再び秒間フレームの低さが呪わしい・・

このゲームに分かりやすいタイトルを付けるならば
バイオバザードインベトナム。あるいはレフト1デッド。
決して名作と呼ばれることはないかもしれないが心に染み付く体験だった。
CIMG0010.jpg  命乞い  帰りたい

そしてエンディングクレジットにはレナードスキナードの名曲FREE BIRDが
丸々収録されていて、これが製作者の想像をはるかに超えてプレイヤーの救いになる。
なにかいいことを成し遂げた気分だ。
実績は若干気にかけながらノーマル一周クリアで520。

結構面白かったし日本ではけして作られない内容なので個人的にはやってよかった。
ただし二週目をやらないという条件がつく。なにか消耗するゲームだから・・・
やったとしてもハードでもう一周。そうするとフルプライスは少し高めか?
買うとしたらアジア版で普通郵便49ドル・・それがギリギリの線だと思う。
まあ自分は宅急便つかっちゃったけど・・

っとこんな感じのゲームでした。
実は予想していたよりはマトモに出来てるなという印象。
しかし名作FPSと呼ばれるタイトルとそれ以外の物との間にある壁は高い。
まず素直なエイム感覚と信頼を置ける当たり判定が絶対条件だ。

ほんの少し壁から出たつま先。ソコに息をこらえ照準を合わせトリガーを絞る。
鈍い着弾音と高い悲鳴があがる。その公正なジャッジにプレイヤーは信頼を置き
初めて本腰を入れてやり込めるのだろう。
いい審判のもとでならいい試合ができるというわけだ。

追記 
重機関銃のワンベルトで15人倒すって実績ですが
備え付けの機関銃ではなく、そのうち拾えるM60のこと
なので気をつけてください!

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

攻略お疲れ様でした。私の注文は無料便(8㌦引いて41㌦+飴ちゃん)なので到着までもう2、3日掛かりそうです。2周目実績ですが、ストーリー分岐とかはあるのでしょうか。あとShellshockと聞いて私が注目するポイント、エロスはどんな感じでしょうか。

No title

> 石村さん
> 分岐ないですねえ。
> 特にエロスもないですねえ
> ある意味エロスな死に様がありますがW
> ・・前作はあったんですか!
> 会社を身売りする直前にがんばって出したって
> 悲哀をかんじます。
>
> 二週目はもらした実績回収って感じでしょうね。
> あと重機関銃のワンベルトで15人倒すって実績ですが
> 備え付けの機関銃ではなく、そのうち拾えるM60のこと
> なので気をつけてください!

No title

SHELLSHOCK 2と検索してこのブログにたどり着きました。
一通りの記事は見させて貰いましたが、総じて面白いですねw
これからも応援しています。

No title

ありがとうございます。
FPSゲームが日本でもっと流行って
国産FPSが世界を制する。そんな日がくるよう
これからも楽しみつつがんばります。

No title

無料便が思いのほか早く到着したので早速プレイしてみました。
下品でロックな、アメリカにとって既に過去のものとなったベトナム戦争ですが、こちらから見えなくとも向うからは丸見えというか、地の利を活かされたアウェーのゲリラ戦に俺、こんな所で何やってるんだろう、早く帰りたい(終わらせたい)と彼の地での米兵の心情を追体験する想いでとりあえず一周終わらせました。およそ普通のゲーマーはスターオーシャンを、気の利いた人はFEAR2をやっているという時に、亀田選手似の現地人やよく分からないモヤモヤした人達をヘッドショットしてる自分を顧みても、何やってるんだろうという気持ちになりました。CoDが基準になってる方やベトナム戦争をよく知らない方は、プレイされる前にフルメタルジャケットやフォレストガンプを観てみたらいいかもしれませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ボートでの移動シーンは地獄の黙示録を
思い出させますが乗り物中は全くシースファイア状態・・
クリアした時の安堵感は
おれなんで志願なんてしちゃったんだろう・・
って思っている兵隊さんの気持ちを疑似体験したかの
様ですね。
いいことがひとつも無かったアノせんそーは
ゲームの中ですら勝者は存在せず
海外メディアのレビューすらなく。
完全に無かったことにしようとしてないかw

もしスクエニの買収がもう少し早まっていたら
スクエニ名義でこのゲームを出したでしょうか?
考えたらドキドキしちゃうw
プロフィール

タイム涼介

Author:タイム涼介
ゲームもアッチの方もたいして上手くないです。
でもどっちもとても好きです。
FPS,TPSゲームがとくに。
日本未発売ゲームも紹介。
リンクは自由です。

このブログにおけるアフィリエイトで得た収益は全て
振り込まれ次第、世界の被災地に寄付致します。

ツイッター
フォローしてください
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。