スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その64 Red Faction: Guerrillaデモプレイ感想!

タイトル

意外におもしろい!
意外っていうのもなんだが、実はスルーしちゃおうかな~などと
思っていたんだけどデモプレイでアジア版の購入を決めた。
日本版は発売未定。

6月発売予定のRed Faction: Guerrilla x360 ps3
とにかく人工物なら何でもぶっ壊せるのが特徴。そして爽快。
予想以上にブッ壊せてきもちかった。
徒歩の時もハンマーやら、くっ付き爆弾で簡単に建物を破壊
出来るが、乗り物を使用するともっと簡単でド派手だ!
建物の柱やハリの部分をぶち壊せば、Havokエンジンが
重力を演算して上手く崩れ落ちてくれるぞ。
壁1 → 壁2
土壁も

建物1 → 建物2
建物も

昔ニンテンドー64でブラストドーザーというゲームがあったが
雰囲気がそれによく似ている。乗り物のデザインもだ。
もちろん技術が10年以上進んでいるので見た目も3Dになり
物理エンジンも搭載され迫力が段違いだが、
時間内に指示された建物を壊して進むシステムもまんまだ。
プラス3人称シューティングの要素が追加さてれいるが
このゲームに限っては銃で人撃っても快感は薄い。
やっぱぶっ壊せ!だな。

マルチプレーも付いているようだけど
デモ版ではできませんでした。

この時期発売予定のソフトは話題作が豊富なので無理せず
オフゲーはコレ、マルチはコッチと使い分けるのがコツかと。

開発元: Volition
販売元: THQ
過去にセインツロウなどをリリース。

じつはこのコンビはどうもパクリ臭の強いソフトを作りがちで
あまり好感はもっていなかったのだが、そのパクリが結構
丁寧というか上手いんだなwいい具合にオリジナルに+αを
付加してくる。まあ面白いから許そうかなと。

普通デモってプレイできる領域が短いので微妙な感想を持ちがちだが
なんか楽しめちゃって不思議な感覚。
逆に言うと短期的に集中して楽しめる系のゲームなのかも知れない。
とにかく楽しみだ。

デモのDLは北米タグで可能。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

タイム涼介

Author:タイム涼介
ゲームもアッチの方もたいして上手くないです。
でもどっちもとても好きです。
FPS,TPSゲームがとくに。
日本未発売ゲームも紹介。
リンクは自由です。

このブログにおけるアフィリエイトで得た収益は全て
振り込まれ次第、世界の被災地に寄付致します。

ツイッター
フォローしてください
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。